<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

手作りすること

 ランチ教室の最後のメニューは 手作りソーセージと
そば粉のガレットでした 



手作りができるのは とても楽しいことと思います
ソーセージまで 簡単にできてしまうランチ教室は
教えている側も おそわる側も楽しいシンクロが起きます

手のかかる美味しい料理とともに 
簡単にできて美味しい料理も シンプルな味わいの
良さがあります

手作りソーセージは豚の小間肉をフードプロセッサーで 
好みの粗引きにして
スパイスを加えて ソーセージの袋に絞りいれるだけ

なんて簡単で美味しく楽しい料理でしょう!




この日のメニューは 手作りソーセージと 
そば粉のガレットの組み合わせでした

ガレットには 野菜のぺペロンチーノ風炒めを添えて
仕上げています

野菜たっぷり そば粉でもっちりした皮をいただき 
ソーセージのたんぱく質と
グリーンサラダには えごま油をかけて 
本日のメニューは ヘルシーな出来上がりです



ノンアルコールのシードルと共に 皆と一緒に
楽しく食べることのできるランチは 美味しさが何倍にも
増してきます

料理することも食べることも まずは楽しいと感じることが
一番大切だなあと いつも思います
そして 新しいことを勉強することも 楽しいなあと
思っていただけたら 教える者としては何よりうれしいことです
2015.04.13 Monday 21:53 | comments(0) | - | 

2015年教室

 雨降りの日の翌日の晴天の日は 特につらいと 
口々に話す機会が増えました
春が近いんですね

フレッシュグリーン吉原教室での最近のメニューです

春一番おいしいフルーツといえばイチゴですね!
イチゴをたっぷりと使ったタルトと 
オレンジとヨーグルトで作ったムースを勉強しました

沢山のイチゴをタルトに使っても
切り分けてからお皿にのせると ちょっとイチゴが足りないような
だから お皿のうえにもイチゴを切って飾りながら載せるように
しています イチゴの赤が映えるように タルトの仕上げには
イチゴジャムを塗りつけて仕上げています


焼きがし教室では マカロンのロリポップを作りました

おなじみのマカロンですが こちらは ホワイトチョコとスイートチョコで
お顔を描き 帽子をのせて かわいいおじさん?に!
紅茶の葉をふんだんに使って ふわっと紅茶の香りのするマカロンと
紅茶のガナッシュの組み合わせです


ランチ教室では 煮込みシチューを作りました
教室をスタートさせてまず 煮込みシチューから仕込み
煮込んでいる間に 堅焼きパンをこね バーニャカウダ デザートの
イチゴプリンを仕込んで 堅焼きパンがオーブンに入るころ 
煮込みシチューの味を調えて 出来上がりです
賞味2時間の間に これだけ完成することができます
皆で一緒に食べると なお一層美味しく感じられます!

最後はパン教室

ソーセージパンとロールパンの講習です
色々なパンがある中で ロールパンの成型は 案外とややこしいものの一つです
くるくると巻きこんでロールにするのですが かっこいい形に仕上がるように
ここを引っ張り ここを麺棒 ここをふんわりと巻くなどと
初心者の生徒さんは 一生懸命です
でも パンは ちょっと無骨でも生地が美味しく 丁寧に作ってあると
かたちはどうであれ 100点の出来上がりと言えます(^−^)¥

2015年の教室 生徒募集も始まりました

少しずつお申し込みをいただいています
ランチのお教室は間もなく満席となります

その他のお教室は空席がまだございます

是非 今年は新しいチャレンジに飛び込んで
一緒に美味しいものをつくってみませんか?!
2015.03.12 Thursday 15:25 | comments(0) | - | 

2015年度教室案内

 2015年度の教室生徒募集についてお知らせします

新しい挑戦 新しい勉強 春から始めてみませんか?

パン教室 ケーキ教室は 6月からスタートします
 
自宅で焼き立てパンや 美味しいケーキを作れるようになると
新しい楽しみや喜びが生まれますね!
生徒の皆さまに 基礎から上級の技術や知識を丁寧に指導します
楽しく有意義な時間を共有しましょう!



パンコース  毎月一回 10:00〜13:30
         
         毎月第二水曜クラス  
         毎月第二土曜クラス

ケーキコース 毎月一回 10:00〜13:30

         毎月第三金曜クラス
         毎月第三土曜クラス

パンコースとケーキコースは part1からpart3までのメニュー構成で
基礎からゆっくりと段階を踏んで 上級の勉強へと進んでゆきます
四季を通して勉強することで 旬の材料や その季節のパン生地の具合など
理解の深まりを感じられるでしょう



ランチ教室  2時間で美味しくおしゃれなランチテーブルを作り上げます
         パンやパスタを主食に 副菜とデザートを作る教室です
 
         毎月一回 10:00〜13:30
       
         毎月第一月曜クラス

焼き菓子教室 ケーキコースのメニューにはない 贈り物にもご家庭のお菓子
          としても重宝する焼き菓子を お一人で一台作る教室です

         毎月一回 10:00〜13:30

         毎月第四土曜クラス



皆さまと一緒に 楽しく美味しい時間を過ごすことは
私にとっても 楽しみで大切な時間です 
皆さまの生活の中の新しい空気や空間 リフレッシュと
チャージの時間 そんな一面ももって教室へとお出かけ
いただければと思います



詳しい教室案内は フレッシュグリーン店頭にも置いてあります
緑町にお出かけの際に お店にてお持ちいただければ
詳しいメニューなど記載された案内をご覧いただけます

皆さまのお問い合わせ お申込みをお待ちしています

フレッシュグリーン   教室 029−231−8315
              店舗 029-221−6220

              フレッシュグリーン店頭スタッフも承ります

 入会金   5400 円

 パンコース ケーキコース  part1 3240円〜

 焼き菓子教室   4320円

 ランチ教室     4320円
2015.02.28 Saturday 22:03 | comments(0) | - | 

新しい勉強

 新しい年も始まって 早2ヶ月が経とうとしています

私は今年の目標を 小さく立て必ず実現させるべく
生徒の皆さんや 周りの人々に話をしています
(ちいさな目標すぎて ちょっと書きずらいくらいでして・・)

さて 2015年度の新しい教室のご案内も間もなくできる準備が
整ってきました



教室は パン教室 ケーキ教室のほかに 焼き菓子教室 ランチ教室があります

パン教室とケーキ教室は 段階を踏んでしっかりと上達していただくことをふんで
part1からpart3まで ゆっくりとバラエティーに富んだメニュー構成の教室の
構成となっています 少しずつ組み合わせを変えながら勉強を進めてゆくので
無理なく 上達が期待できます  四季を通して勉強することで
その季節の美味しさや その季節のパン生地のこね方などを勉強できます
そして 一番の楽しみは 同じ趣味を持った友人にであえることでしょう!

皆さんが楽しく有意義な時間を過ごしていただけるように
そして 豊富な情報やテーブルセッティングなどをお届けできるように
私自身も楽しく そして勉強をしながらいっしょに頑張ってゆきます




焼き菓子教室は ギフトにもプレゼントにもよい焼き菓子を
勉強する教室メニューです ケーキ教室のメニューには組まれていない
パイのお菓子や マカロン、ウィークエンド等のお菓子を作ります
特徴はお一人で 一つのお菓子を仕上げて頂くことです
出来上がったお菓子はお土産としてお持ちいただきます
お一人で作ることは 緊張もしますがしっかりと作業ができるので
楽しく勉強することができるはずです

もう一つのランチ教室は パンに合う副食を作りながら
約2時間ほどで出来上がる ランチのテーブルを皆で作り上げるというものです
パンと副菜とデザートを作り 皆で一緒に美味しいランチをいただきます
簡単でいて美味しく ちょっとおしゃれなランチを作り上げます
パン他にはパスタを作る時もあります 魚も一緒にさばいてみたりします
料理って楽しいなと感じて頂ける教室です


是非 新しい年に 新しい勉強に挑戦してみませんか
いくつになっても 勉強できることは 楽しいことです 

詳細をまた HP上 このブログでもお知らせいたします
皆さまのお問い合わせお申込みをお待ちしています
2015.02.21 Saturday 17:40 | comments(0) | - | 

クリスマスミーティング

 先日の定休日に クリスマスミーティングをしました
教室に スタッフ全員集合して すべてのクリスマスケーキについての
再確認 勉強会です

イチゴのデコレーションケーキには アイシングクッキーが飾りでつきます
そのアイシングクッキーを皆で勉強し 各自指定された枚数を
丁寧に一枚ずつ作ることを宿題としました




アイシングクッキーはサイズが大きいので ケーキに載せると
デコレーションボックスの蓋が閉まらなくなるぎりぎりの高さに
なってしまいます  スタッフの案で これは別添えにして
お客様自身に飾っていただくように 袋入りにして箱に
添えてお渡ししましょうということになりました

箱を開けた時に飾ってあるほうが 感動があるのではないか
クッキーが湿気ってしまわないか 倒れてしまわないか
など 色々な意見が飛び交い 別添えがよいということで
まとまりました

そして ケーキ全種を スポンジの配合やクリームの固さ
味わい 美味しさのポイントなどを理解し 全種類のケーキを
各自食べ比べました


毎日お菓子の仕事をしていても 5種のケーキを一時に食べ比べるということは
めったにできることではなく スタッフはスポンジの違いやクリームの違い
それぞれの個性をしみじみと味わう事ができたようでした・・・完食です!

フレッシュグリーンでは ご予約いただいたクリスマスケーキは 
申込用紙に書き込まれた細かなご注文を すべて付箋に写し
ケーキの台数分あるその付箋一枚一枚にそって
一台ずつ丁寧に作ってゆきます

例えば キウイを抜いてほしいと言われたケーキは 
赤文字でキウイ抜きと表示し
まな板まで新しく変えてキウイのないケーキを作ります

例年 ご注文いただくお客様で 
ケーキの中のイチゴサンドは好きではないので
クリームのみのサンドで作ってくださいと言われる方がいらっしゃいます
その方には イチゴなしクリームのみのサンドと また 赤文字が書かれ
イチゴのない分クリスマスクッキーを添えて差し上げるようにも
メモが書かれています

特に目立つのが クリスマス時期のお誕生日のお子様に
お誕生日おめでとうのプレートも付けてほしいとのご注文です
ケーキ屋さんはどこも受けてくれないと 悲しそうに言われては
お引き受けしないわけにはいきません!
もちろん このケーキの付箋にも 赤く お誕生日プレート付きと
メモが大きく載ることになります

実は500〜600台のケーキを作るに当たっては 機械的に
どんどんそのまま作ってゆくほうがどんなに効率がよく
仕事がはかどるか計りしれません
でも! フレッシュグリーンは お客様のご要望にできるだけ
お応えして ご家族の皆さまの笑顔に添えるケーキを作ります

手作りの温かさ 作り手の思いの伝わる 美味しいクリスマスケーキ
ご家族の皆さまに喜んでいただけるクリスマスケーキ
これを目指して スタッフ全員で 全力で取り組んで作ってゆきます

丁寧なクリスマスケーキ作りです

皆さまのご予約を心よりお待ちしています


2014.12.04 Thursday 22:10 | comments(0) | - | 

クリスマスケーキ2014

 まもなくクリスマスの季節がやってきます

フレッシュグリーンでも 2014年のクリスマスケーキが
できあがりました
今年のケーキは 労を惜しまず手間暇をかけて作る
「手作りの温かさと美味しさの伝わるケーキ」 がテーマです

毎年 人気のイチゴのケーキと フルーツのケーキは
定番として作り その他の2種のケーキは毎年デザインや
お味を変えて作るように選んでいます

今年のケーキをご紹介します

イチゴのクリスマスデコレーション
 このケーキは 2段にイチゴをたっぷりとサンドし コクのある生クリームと
 しっとりスポンジを使用して作ります
 イチゴの甘酸っぱさが 生クリームとスポンジの味わいに溶け込み
 甘みと酸味の味わいの美味しさがさわやかに広がります
 飾りには 手作りのアイシングクッキーをぜいたくに何枚も飾りました
 雪ダルマと ツリーの色の部分は 砂糖をレモン汁で溶かした甘酸っぱい
 グラスで作っています イチゴは茨城県笠間のテクモアファーム産です



フルーツのクリスマスデコレーション
  こちらはフルーツ4種を細かく刻んでサンドしたデコレーションです
  フルーツはいちご キウイ 洋ナシ 黄桃をつかっています
  スポンジは いちごのケーキとはちがう柔らかシートスポンジを使用します
  このスポンジをぐるぐると何層にも巻きつけて作る ロンドと呼ばれるケーキ
  の仕立てをしています 
  イチゴのデコレーションと違うのは 何層にも重なった出来上がりが 
  何度もお口の中でクリームとフルーツが交互に味わえるということでしょう
  スポンジも生クリームも軽い仕上がり感です
  飾り付けには こちらにもクッキーをかざり たっぷりのフルーツを
  山盛りに盛りつけて飾っています



モンブランブッシュドノエル 
  柔らかシートスポンジに 栗の渋皮煮をたっぷりとサンドしたロールケーキ
  そして 茨城県産の栗のみを材料として作りあげた自慢の
  モンブランクリームをたっぷりと外側に絞りつけた ブッシュドノエルです
  丁寧に作り上げたモンブランクリームと 生クリームの味わいが
  まろやかで栗の風味がたっぷりと味わえる美味しさになっています
  ボリュームのある太さですので 食べ応えも大満足のケーキです


チョコレートローズクリスマス
 チョコレートの味わいを楽しみたい方にお勧めのケーキ
 生チョコでコーティングしたケーキの中は
 チョコスポンジにカフェ風味の生クリーム そしてカリカリの
 キャラメリゼしたアーモンドがたっぷりとサンドされています
 このアーモンドがカリッと香ばしく美味しさのポイントとして
 生きています 
 生チョコレートで絞り付けた薔薇の花が大人っぽく チョコレートを
 たっぷり味わえる楽しさにもなっています

このほかに 昨年大人気だったドレスドールもケーキと
シュトーレンも用意しております

どのケーキも ひとつひとつの材料まで手作りして
美味しく楽しい仕上がりを目指し 丁寧におつくりいたします

クリスマスケーキのご予約を承ります
店内には 写真入りのカタログと手書きのイラストのカタログを
ご用意してお待ちしています
お電話でも 店頭 fax メールでもご予約を承ります

皆さまのお問い合わせご予約をお待ちしています

次回のダイアリーでは フレッシュグリーンの
クリスマスケーキつくり方 スタッフの取り組み方を
ご紹介したいと思います


 

2014.11.19 Wednesday 00:05 | comments(1) | - | 

結婚式

 しばらくご無沙汰してしまいました

先日 10月の佳き日に長男の結婚式をしました
もちろん この特別な結婚式のウェディングケーキは 
私に作らせていただきました

支度をする花嫁よりも早い時間に厨房に入らせていただき
ケーキを組み立て始めました


三段のケーキに 足を挟んでもう一段の高さにすると5段重ねの
ケーキを作りました  花嫁のイメージのピンクのクリームと
シンプルにドットの飾りを絞り 花でぐるりと飾る可愛らしさと
シンプルさを生かしたデザインにしました

ケーキに飾る花は ヨメと一緒に一つずつ作りあげた
マジパンの薔薇の花です 
時間と手間をかけることに気持ちを込めたウェディングケーキです


新郎新婦が姿を現し 結婚式が始まると
泣くつもりは全くないのにもかかわらず
自然と涙があふれでて ぽろぽろと落ちてきました
         
青春時代に道に迷った彼が 愛する伴侶をみつけ
共にしっかりと幸せに歩きだしたことに
感謝と喜びが溢れ出て 
ぽろぽろぽろぽろ涙が止まりませんでした



二人の幸せに満ちた顔
私のウェディングケーキがこんな風に二人を祝福することが
できて幸せでした 

このケーキは フレッシュグリーンの店の厨房で
一番下のケーキと二段目を重ねた状態で
準備し 三段目と 一番トップは厨房でセットするようにしました
ケーキの仕上げには 手直し用のクリームから ゴミ袋まで
すべて忘れ物のないように持っていきます 
一番トップのケーキは 足つきのケーキの台の上にのせてから
足を下の段のケーキにセットします 曲がらないように
中心がずれないように 一番の神経を使います
セットする時の崩れ部分などを 持ってきたクリームで
奇麗に手直しをして 出来上がりです

そしてまた お食事の後のデザートも 式場の配慮で
フレッシュグリーンのデザートを出させていただきました
二人には サプライズのデザートでした 

茨城産の栗をつかったモンブランを基本に 上にバニラアイスと
茨城産のイチゴ そして 二人のイニシャルであるMをチョコレートで
飾りました  遠くから来てくださったお客様にも 茨城の味を
楽しんでいただきたいとの思いで作りました


沢山の方々に お祝いのお言葉を頂戴しまして 本当にありがとうございました
ふたりも力を合わせて これからの人生を歩んでゆくことと思います

ウェディングケーキへの 思い入れと感動を味わえたことに
深く感謝し また 更に皆さまへの貢献をしてゆくことを
誓った一日でもありました
2014.11.07 Friday 23:00 | comments(0) | - | 

クロワッサン

 フレッシュグリーンも二学期が始まりました!

今日の教室は クロワッサンでした

生徒の皆さん難しかったですか?クロワッサンは いつものパンつくりと
ちょっと勝手が違う作り方をするので そう感じたかもしれませんね

パン生地のなかに 折り込みバターを包みこんで 麺棒で生地をのばし
三つ折をして 冷蔵庫へいれること2回
打ち粉をしながら 大きく伸ばしてゆきます


規定の大きさに伸ばしたら スケールを使って周りの生地を切り落とし
成型のための 三角形を作ってゆきます


クロワッサンの三角形がふっくらと美味しそうに焼きあがるように
中心に切れ目を入れて 折り目を付けて巻き込むと
ふくらみが出て ボリュームあっぷして焼きあがります


くるくると巻きこんで クロワッサンの三日月型に仕上げます

三日月型は クロワッサンの専売特許のような形になっていますが
この形は トルコの国旗の中にデザインされている三日月を意味しています
17世紀にウィーンがトルコ軍の包囲攻撃から解放された時に 
トルコ軍のシンボルである三日月型のパンを作り それを食することにより
勝利を実感しようと 考えたのです  これが クロワッサンの始まりです



二次発酵は 中に入れている折り込みバターが 溶けださないように
いつものパンよりも低温で ゆっくりと発酵させるようにしなければなりません
蒸し暑い一日なら 外気温を利用して発酵させてもよいくらいです


卵を塗りつけて つやを出してオーブンで焼成します

もちろん焼き立てのクロワッサンを食べられるのは 手作りした人の特権です
高温の短時間で 美味しいクロワッサンを焼いてみましょう


さあ クロワッサンの焼きありです
ふっくらとした形 香ばしい焼き色 層になっているパンの生地 
リッチなパン生地は サクサク しっとり 味わい深く出来上がりました

肝心な出来上がりの写真がピンボケで 申し訳ありません
夢中になりすぎてしまいました

大変なクロワッサン作り 皆さん一生懸命 レシピがメモでいっぱいになるほど
真剣に勉強しましたね! 花丸を差し上げまーす◎
2014.09.11 Thursday 21:59 | comments(0) | - | 

夏の慰労会

 フレッシュグリーン スタッフ慰労会をしました
慰労会なのに 勉強会のようで・・ 
スタッフの皆は 作り方を勉強したいって ホントにまあ~

先日のとう粋庵の先生に習った魚料理を再現したり
手打ちうどんをつくったり ローストビーフを焼いたり
ポタージュを作ったり 桃のコンポートを作ったり・・・

たまにはゆっくりすればいいのに スタッフの皆は楽しそうに 勉強しながら
皆でランチメニューを作りました



   

      
  
            
     魚のさばきは プロの腕前のスタッフが担当してくれました さすがです!

        
産休中のスタッフも参加して 可愛い孫をみんなであやしながらの作業です
ふわふわしていて 清らかで 赤ちゃんは本当に皆の癒しです!
 
       

    さあ 料理の出来上がり 皆でいただきまーす
     

何時も頑張ってくれているスタッフ 
退職するスタッフ 新しく仲間になったスタッフ 産休中のスタッフ
皆集って 笑いあり涙ありの楽しいひと時を過ごしました

秋からもまた 美味しいケーキとパンをつくっていきましょう!

みんな ありがとう!


2014.08.20 Wednesday 15:13 | comments(0) | - | 

料理の単発講習と 手つくりの籠バック講習会

[ 講習会 ]
 夏の単発講習会

8月4日  とう粋庵料理長に習う おうちコース料理


鯛のロースト 野菜のソース   鯛釜めし  ずんだ柿  牛蒡のポタージュ

メニューの中の 前菜のずんだ柿とは 茹でて薄皮を取った枝豆と
蒸して裏越しをしたヤマトイモを合わせて 滑らかになるまですりつぶし
小さく丸めて 青柿の姿にしたものです

この 青柿のへたの部分は 出汁を取った後に残る昆布を しょうゆとみりんで
炊きあげて 葉っぱの形の抜き型で抜き イカスミパスタを油で揚げた一本を
一緒に差し込んだものです
なんて 手がこんでいるのでしょう! 味付けは ほとんど塩のみ 少々の
砂糖を加えて軽い甘みをつけています


鯛をさばくところを見せて頂きました
大きな鯛を マイ出刃で滑らかな手さばきで三枚におろしてゆきます
その動きを一つも見落とさない勢いで 真剣に勉強する生徒さん達
いい緊張感の中 見事におろされた鯛は オーブンでローストに 
そして 粗は鯛釜めしへと 調理されてゆきました


8月9日 クラフトテープで作る籠バック 手作り教室





まずは クラフトテープを出来上がりのバックの大きさに合わせて何本も
カットしてゆきます  長さを合わせ 幅も太いものや細いものに裂いてゆきます
これができれば かご編みは楽しくどんどん進んでゆきます

好みの形 大きさ 用途に合わせたデザインを考えて カトラリー入れや ゴミ箱
布巾を入れる箱 お財布と携帯をいれてちょっと買い物用の籠 大きな書類も
入るような大きなバック 自由自在に作れるクラフト籠は とても魅力的です
手に持った感触も柔らかく そして 材料費がとてもリーズナブルなことも
また魅力です


最後に 出来上がった籠に好みのレースをまわりにはりつけると 
可愛らしさがグーンとアップします  こんな時間は一番楽しい瞬間です



大人数の生徒さんに丁寧に講習をしてくださった岩佐先生
岩佐先生のご自宅は 用途に合わせた籠バックで
収納をしているそうです  この日の講習にも沢山の作品を
お持ちいただきました


こだわりと丁寧さをもって先生方にはご指導いただき 
生徒の皆さんの笑顔からして 絵日記に書けるような?!
楽しい充実した時間をお過ごしいただけたことでしょう

先生方をお迎えして 講習会を開催すると
講習会のために沢山の下準備をしてくださっていることを
しみじみと感じました 
生徒の皆さんに喜んでもらうため そして時間内に終えるために 
できる下準備を先にする、 作業がしやすいように 道具を整える 
材料を用意する 一人ひとりの材料や食器を準備する
裏でしている見えない努力は とても大きく 頭の下がる思いでした

お二人の先生がた 有難うございました!そして お疲れ様でした 
2014.08.10 Sunday 21:55 | comments(0) | - | 
 | 1 / 15 PAGES | >>