<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

料理の単発講習と 手つくりの籠バック講習会

[ 講習会 ]
 夏の単発講習会

8月4日  とう粋庵料理長に習う おうちコース料理


鯛のロースト 野菜のソース   鯛釜めし  ずんだ柿  牛蒡のポタージュ

メニューの中の 前菜のずんだ柿とは 茹でて薄皮を取った枝豆と
蒸して裏越しをしたヤマトイモを合わせて 滑らかになるまですりつぶし
小さく丸めて 青柿の姿にしたものです

この 青柿のへたの部分は 出汁を取った後に残る昆布を しょうゆとみりんで
炊きあげて 葉っぱの形の抜き型で抜き イカスミパスタを油で揚げた一本を
一緒に差し込んだものです
なんて 手がこんでいるのでしょう! 味付けは ほとんど塩のみ 少々の
砂糖を加えて軽い甘みをつけています


鯛をさばくところを見せて頂きました
大きな鯛を マイ出刃で滑らかな手さばきで三枚におろしてゆきます
その動きを一つも見落とさない勢いで 真剣に勉強する生徒さん達
いい緊張感の中 見事におろされた鯛は オーブンでローストに 
そして 粗は鯛釜めしへと 調理されてゆきました


8月9日 クラフトテープで作る籠バック 手作り教室





まずは クラフトテープを出来上がりのバックの大きさに合わせて何本も
カットしてゆきます  長さを合わせ 幅も太いものや細いものに裂いてゆきます
これができれば かご編みは楽しくどんどん進んでゆきます

好みの形 大きさ 用途に合わせたデザインを考えて カトラリー入れや ゴミ箱
布巾を入れる箱 お財布と携帯をいれてちょっと買い物用の籠 大きな書類も
入るような大きなバック 自由自在に作れるクラフト籠は とても魅力的です
手に持った感触も柔らかく そして 材料費がとてもリーズナブルなことも
また魅力です


最後に 出来上がった籠に好みのレースをまわりにはりつけると 
可愛らしさがグーンとアップします  こんな時間は一番楽しい瞬間です



大人数の生徒さんに丁寧に講習をしてくださった岩佐先生
岩佐先生のご自宅は 用途に合わせた籠バックで
収納をしているそうです  この日の講習にも沢山の作品を
お持ちいただきました


こだわりと丁寧さをもって先生方にはご指導いただき 
生徒の皆さんの笑顔からして 絵日記に書けるような?!
楽しい充実した時間をお過ごしいただけたことでしょう

先生方をお迎えして 講習会を開催すると
講習会のために沢山の下準備をしてくださっていることを
しみじみと感じました 
生徒の皆さんに喜んでもらうため そして時間内に終えるために 
できる下準備を先にする、 作業がしやすいように 道具を整える 
材料を用意する 一人ひとりの材料や食器を準備する
裏でしている見えない努力は とても大きく 頭の下がる思いでした

お二人の先生がた 有難うございました!そして お疲れ様でした 
2014.08.10 Sunday 21:55 | comments(0) | - | 
<< こどもパン教室 | main | 夏の慰労会 >>